第六十二回 私の赤いシリーズ

モモーイと榎本温子のネットレイディオ。  「エモエモ90s」 この度、番組の主題歌 「流星モノローグ」 が完成し、ネットでお披露目。 我々オタクのロマンチックで純情な部分 + 宇宙 + 映像がすぐ浮かぶ曲 造り + 頭10秒でグワっと掴む出だし一発の魔法。 というモモーイの真骨頂がゴリゴリに詰った新曲、 ザ・炸裂。 …
コメント:0

続きを読むread more

第六十一回 おかえりメルボルン

オーストラリアGPが三年ぶりに帰ってきた。 やはり素晴らしい! 第三戦ですが、バーレーン、サウジという世界屈指の退屈GPで開幕しました ので、やっと目が覚めた!  ついに開幕した!  といったところです。 いやぁ、最高です。 オーストラリアGP史上最多の観戦人数という事で、本国でも待ちわびた感が 数字になって表れました。…
コメント:4

続きを読むread more

第六十回 音の風景

正月に衝動的にウォークマンを買ってしまった。 私自身二台目のウォークマンです。 ポータブルカセットプレイヤーは東芝と松下を渡り歩き結句、本家ウォークマン は買わず終い。 一台目ウォークマンは・・・ ある時日本橋をブラブラしていると、MDウォークマンが店頭で大々的に売り出 されていました。 あらゆるラジオ番組を録…
コメント:0

続きを読むread more

第五十九回 ボイシス

米製テレビドラマが割りと好きで、当たりを引けば全シーズン見ます。 まぁ、なかなか当たりませんが・・・ 中でも警察モノ犯罪モノは製作数が多いのか、私が好きなのか、一番よく見てい ると思います。 日本のTVドラマが割りと苦手で、部長刑事、はぐれ刑事純情派、科捜研の女、 踊る大捜査線、相棒あたりもチラ見止まりで終わりました。 …
コメント:0

続きを読むread more

第五十八回 The strong one

ストロング金剛さんが亡くなられました。 我が家にはプロレス好きが一人も居らず、私自身もその魅力がわからなかったの でプロレスラー時代のストロング小林や小林省三という名に馴染みがありません 。 テレビのバラエティで 「うおー」 みたいな感じで出て来るのとあんまり何を 言ってるのかわからないのが面白い、というのが最初でした…
コメント:0

続きを読むread more

第五十七回 ロックバンド

年々にわが悲しみは深くして いよよ華やぐいのちなりけり                                かの子 一年以上ぶりにモンスターロシモフを体験しました。 バンドメンバーはじめ、お馴染みのロシモフ太客の皆様にもチヤホヤして頂き ウォーホルの15分が来たのだと実感しました。 ありがたいです。 …
コメント:0

続きを読むread more

第五十六回 人生に困惑はつきもの

回復の真夜中に 時間を楽しんでいたら ナッシュビルのフェイスブック 北川サイクルな気がする うぐいすは鳴きませんでしたが、心に衝撃が走りました。 大丈夫だよのやつをフェイスブックで見つけ、早速試聴。 しかし開始10秒くらいで止める。 うーーーーん。 受け止め方を忘れてる。 あの場に居たであろう私の魂その2、が場…
コメント:0

続きを読むread more

第五十五回 サトウの演技は甘く無い!

かつてソニープラザというものがございまして、ここで怪しいお菓子を買うのが 楽しみでした。 今はソニーが取れて プラザ になったそう。 プラザになってからは行って無いのでわかりませんが、まぁドギツいお菓子がい っぱいありました。 プラスチックや鉱物資源でしか見れないドギツく鋭い赤さ。この質感を放つジャ ムの乗ったクッキ…
コメント:0

続きを読むread more

第五十四回 幸せ収録

この度 「キングのお部屋」 という番組にゲストとして出演させていただきま した。 以前 「キングとあそぼう!」 という番組でケーブル捌きのバイトをさせてい ただいたご縁で今回お呼びがかったそうで。 有り難い事でございます。 さて、この度はダブルゲストという事で何とあのシンディさんと私、そしてメイ ンのキング、という三人での…
コメント:0

続きを読むread more

第五十三回 大吉報

この度、極めて重要で特別な結婚が実現した。 この結婚に際し、私の古い思いによる一段、二段のブースターロケットでせり上 がっていた謎機体の三段目が御二人により遂に点火した。 ご結婚おめでとうございます。 心より、御二人の幸せを私にお分け下さい。 既に頂いております分は、それはそれ。 かつて、…
コメント:0

続きを読むread more

第五十二回 女たち其ノ弐

名取裕子 35年程前から今に至るまでこの人の顔を見る度に、 「あっ名取裕子や。・・・ところでこの顔、誰やったっけ・・・」 という謎の感覚に襲われます。 この感覚は少年の頃と今でも寸分違わず同じで、一瞬物凄く不思議な感覚に陥る のです。 親族、友人、知人はじめ、記憶に残る関わった全ての女性の記憶を総当っても全 くヒッ…
コメント:0

続きを読むread more

第五十一回 V2!!

タイトルは防衛して一人前。 半人前の妖夢が東方最高位を防衛し、二年連続一位に選ばれました。 すごい。  本当にすごい。  おめでとうございます。 今年は霊夢が返り咲くかな、・・・いや実は個人的にはレミリアが初タイトルを 獲って大盛り上がりするんじゃあないかと思っていました。  いやはや。 紅魔組は強者の館。 ハイランカ…
コメント:0

続きを読むread more

第五十回 難読系願望或いはイタリア愛

モンキーさんのFBを見ますと息子さんの作品で 「日取高」 というものが紹 介されていました。 うーん・・・読めない。 ハハーン、阿列布 百日紅 瞿麦系の難読ってやつですな。 これでバスケ、とかウィザード(S)って読めるやつか・・・。 ネットで 「日取高 難読」 で調べるが全く出てこない。 あれれ??・・・ ああ!!ww …
コメント:0

続きを読むread more

第四十九回 クイーン

みつばちがかわいい。 アニメ顔も裸足で逃げ出す頭部の三分の一以上を占める巨大眼球バランス。 オシャレな袖無しファートップス ソークール リスペクト初音。  365日見せパンの縞パン。 全員がダンサー。 巣の中の極々少数オスはオマケ。 全員女の子!! 文字通り毎日が  「ちょっとお花を摘みに・・・」  萌え萌えブンッ! …
コメント:0

続きを読むread more

第四十八回 冷飯給食

とにかく! 炊きたての飯が苦手で嫌いでした。 ヒジョーに。 今は好きです。 如何にして炊きたての状態を維持するかに熱心でございます。 何故炊きたてが苦手だったのかといいますと・・・ まず熱い! 熱過ぎる!! 私は超猫舌でございますよってに。 熱いから味がぼやける。   水蒸気を食っているみたいだ。 炊きたての米は放熱性が…
コメント:0

続きを読むread more

第四十七回 映画

「IT チャプター2」 という映画を見ました。 スチーブンキングのやつです。 とはいえ私、原作を読んだ事はありませんし、チャプター1も旧作も知らぬまま に 「2」 を見てしまいました。 何気なく見た訳でございますな。 ところがコレが面白い!! 無論チンプンカンプンです。  誰?  何のこと?  え、見えるの??  …
コメント:0

続きを読むread more

第四十六回 将棋

「観る将」 皆さん御存知ですか?  見る専門の将棋ファン・・・という事だと思います。 「撮り鉄」 的なものか? 私は35年程この「観る将」 のはしくれでして戦型、詰め将棋の解説、感想 戦、大盤解説なんかをずっと見ているんですが、いまだに将棋を指した事があり ませんし、指せる気がしません。 尤も、盤も駒も持っておりませんし…
コメント:0

続きを読むread more

第四十五回 ギターナロマンティカ

A 「伝説のギタリスト再び。っつってねー。」 B 「何なに? どうしたの急に。」 A 「うん。 前に言ったろ? 俺がニコ生やっててさ、そんでやめちまって、    ついでにニコニコ離れしちゃったっつって。」 B 「あー、はいはい。」 A 「そんでもさ、ちょっと間空いちゃうと、懐かしくなったりしたもんだか    …
コメント:0

続きを読むread more

第四十四回 東方25

東方Projectが25周年を迎えた。 凄い。   凄すぎる。 パリパリのニワカ勢の私。 今の比ではない頻度でとらのあなに通っていた若かりし頃。 しかし、とらに行く理由は同人音楽CDがメインだったのでほぼ何時でも平積み されていた印象の東方本家群をチラリと横目では見ても、スルー。 勿論、最初は手に取りましたよ。ジャケがヤ…
コメント:0

続きを読むread more

第四十三回 ファイナル2

現代魔術大系 全七巻。 その六巻目が4年ほど前に完全に忘れていた私達の前に発刊された。 一巻目が出版されたのが1995年だったか。 最初は程よい間隔で出ていた本シリーズだったが、大概のブランクを経て出版さ れた五巻目を2003年に出して以降パッタリと音沙汰が無くなります。 AKIRAやベルセルクが好きな人はこういう気持ちなのだ…
コメント:0

続きを読むread more